お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
プロフィール
お休みどころ

 「お休みどころ」はこころの相談活動の名称であり、またその拠点となる建物も指しています。活動は2003年に仲間3人で立ち上げました(故・上島聖好さん、グレッグさん、僕)。拠点になる建物は熊本県南部の水上村の山中の古民家でした。上島さんが亡くなった2007年からは主に僕が活動を続けています。2015年に拠点を熊本県人吉市に移転しました。
 お休みどころの最初の理念は「精神面で疲れた人が休みに来れる場所を作りたい」でした。でもそれ以外にもいろいろな夢や目標がありました。「自然のなかでこそ精神の回復力が働くのでは?」「科学技術に頼りすぎない昔の暮らしのなかに、精神的に休むためのヒントがあるのでは?」「山人の生きる知恵を記録したい」「なるべくエネルギーを浪費せずにゴミを出さない生活を」「さまざまな社会問題について講演会や話し合いを開けるセミナーハウスにしたい」「平和を探った人たちの本の私設図書館にしたい」などです。
 紆余曲折あり、いまでは主な活動は「こころの相談活動」「このブログを媒体とする記録活動や人物紹介」「地域の精神保健や福祉の活性化」「それらを通じての地域おこしへの一助」の4つに絞られてきています。さらに大きな目標としては「精神面の病気を持っても住みやすい社会」や「多様な生き方が認められる社会」の形成に寄与できればと願っています。
 このプロフィール欄の過去の説明を読むと、時間と共にお休みどころが思想面ではより狭くなり、活動面ではより具体化されてきたのがわかっていただけると思います。結局大事なのは、僕たちが持つ夢のうち、どれが地域の人たちの役に立つかなのです。夢は植物の種のようなもので、そのなかから実際にニーズがあるものが育ってきたと言えるでしょう。
 相談活動についても、当初はお休みどころの建物でするものだとばかり思っていましたが、いまではいろいろな形で行っています。メールや電話を使ったり、出かけてお話を直接聞くこともあります。保健師さんの協力のもとに保健センターで相談を受けるケースもあります。相談者とつながるのなら、どんなやり方でもいいんだと思うようになりました。
 最終的にお休みどころの活動が目指すものは、先ほども書きましたとおり、「多様さを包容できる社会の形成」です。少数者や少数意見をただ踏み潰すのではなくて、そこから新しいアイディアを汲み取ろうとする社会であってほしいです。精神的な病気についても、「起こりうる出来事の1つ」として皆さんが自然体で付き合っていけるようだと理想的です。難しいことですが、病気と付き合いながら、生きる知恵を探していくことは可能なのではないかと思っています。
 他にもいろいろな「生きづらさ」がこの世にはあります。その「マイナス」を「プラス」に転化するヒントを、これからも探り続けていきます。抽象的に考えるのではなく、出会う人たちの言葉のなかから、方向性を見つけていきたいです。
 このブログはもともとはお休みどころの活動報告として、手書きで作って応援してくださった皆さんに郵送していたものです。いまではインターネット上の記事になりましたが、中身としては当初のように手作り感たっぷりに、お休みどころの日々の要約をお届けしたく思っています。順番は特に気にせず、どこからでもお読みください。少しでも皆さんが生きていくうえでのご参考になれば幸いです。

新お休みどころの連絡先とアクセス

住所 8680021熊本県人吉市鬼木町1508-1
メール yasunari-o@hotmail.co.jp
アクセス
●車で来る場合
 人吉インターを降りて、最初の信号を左折。次の信号を左折。1kmほど進むと高速道路が高架になっている長さ10mほどのミニトンネルがあるが、その手前を右折。高速道路に沿ってその道を進み(坂を登って下る)、最初の右に下りる道を過ぎ、道路右手の緑色の家を過ぎ、次に右手に見えてくるのが新お休みどころ。目印としては、「前平(まえびら)地区の住宅案内図」が立っていることがある。

●電車で来る場合
 最寄りはJR人吉駅。タクシーで10分程度。
●飛行機で来る場合
 最寄りは鹿児島空港。空港のすぐ前の「溝辺鹿児島空港インター」から高速道路「九州自動車道」に乗り、約40分走ったのち、「人吉インター」で下りる。以下は同じ。

 僕たちは出かけていることが多いですので、おいでになるときはぜひ事前にご連絡ください。せっかく来ていただいたときに留守ではいけませんので。



(旧プロフィール)
 お休みどころとは、元気になる場所。あなたの背負った「重い荷」をいっときおろし、「ここで一休みしてのどをうるおし」、あらたな一歩を踏み出すところ。非営利のお休みどころです。
 私は京都の岩倉盆地で論楽(ガク)社という小さな民間教育・編集・出版の場所を営んでいました。家を開放し、こどももおとなも自由に参加する寺小屋。折々に講座を開き、そこから紡ぎ出された光のような言の葉で、小さな本をつくっておりました。
 そうするうちに、こころとからだの疲れた人たちに出会います。
 その人たちの役に立ちたい。何とかほっとくつろいでもらいたいな。私のちからは無いに等しい。空気と水のうまいところ、人情味のあるところ、豊かな自然に包まれたところ、そこに立つだけで元気になるそんなところはないものか。
と、願っていたところ、北御門(キタミカド)二郎さん(1913〜2004農耕者・トルストイ翻訳者・徴兵拒否者)に出会いました。二郎さんを養った水上の地なら人のこころもやさしかろう。未来(ミライ)の人を待つ平和なところだろう。二郎さんの無垢(ムク)な光に誘われて「ここが捜(サガ)していた願いの地、ここでお休みどころを開きたい」というと、北御門すすぐさんと成尾政紀(マサミチ)村長は、この古民家にひきあわせてくださいました。
 そうして、二〇〇三年五月一日、お休みどころは生まれました。
 こころとからだの疲れた人、生きづまった人、はたまたそれらに無縁の人も、ようこそ、ようこそ。一杯のお水をどうぞ。おいしい泉のお水です。医者もおります。無料です。政治団体や宗教団体とは何ら関係ありません。念のために。
 「あきんど 農夫 薬売り
  重たい荷物を背負ったひとびとに
  ここで 一休みして
  のどをうるおし
  さあ それから町にお入りなさい」
   (『倚(ヨ)りかからず』より「お休みどころ」茨木のり子)
 「お休みどころ」の名付けは、詩人の茨木のり子さん。


〒868-0702
熊本県球磨郡水上村平谷
お休みどころ
上島聖好(ウエジマショウコウ)



How the Oyasumidokoro Was Created
Yasunari Okino

I was asked by some of the friends I met in the UK about the history of the Oyasumidokoro. Here I will try to describe how my friends and I came to open this place. First I must write about some important persons.

1. Shoko Uejima

I met Shoko(1955〜2007, poet, letter writer, editor, teacher) in 1993 when I was 17 and a high school student in Kyoto. My Japanese literature teacher took me to Rongakusha 論楽社, the old house in Kyoto where she and her former husband held lectures and seminars, in which people gathered to listen to and discuss what scholars and doctors and writers and artists had to say. I was interested in those meetings and became one of the many who helped their activities. They published the transcripts of the discussions, sold a variety of books, and taught children in very original ways. They took groups to visit Nagashima-Aiseien(長島愛生園 one of the 13 national Hansen's disease sanatoria).


2. Noriko Ibaragi

It was mainly Shoko who wished to create Oyasumidokoro. Rongakusha was a good place to discuss problems people had. But she wanted to work more directly for people. And her close friend took her own life because of depression.

At that time she read the poem "Oyasumidokoro" by Noriko Ibaragi(1926〜2006, poet). Shoko was her friend and really loved her work. She was inspired. Her friends from near and far helped her to realize her dream--to make a good place for those who are spiritually exhausted to rest in nature.


Oyasumidokoro (A resting place)


Long ago, far away,
A road ran past a girls school
toward the village of Imagawa,
in the country of Mikawa,
where once roamed the great warrior Imagawa Yoshimoto.

Beside the sun-bleached road,
a faded crimson banner fluttered in the breeze
announcing "a resting place."
Modest and deserted,
little more than a roof tacked onto a bus stop,
it offered a few cups to turn and fill
with cool barley tea in summer,
hot tea in winter.

"Peddler, farmer, medicine seller,
you shouldering a heavy burden,"
it called out,
"stop and rest a while here,
quench your thirst
and then go on into town."

Not the insincerity of a vending machine,
but the kindness of an unknown person in the empty hut,
as still remain in way stations of long ago
and along pilgrims' paths.

"A resting place...
Maybe this is what I want to do in my life"

This thought came into my mind.
I was fifteen then, wearing a schoolgirl’s sailor suit.

Now roadside chairs and benches are no more,
as if to say, "Don’t sit here. Keep moving!"

****
One late fall, forty years ago,
I arrived at Nara Station by the night train.
Too early for the bus to Horyji temple,
I ate my box lunch from the day before.
The stationmaster brought tea
to the handful of travelers
huddled in the waiting room.

Time passed so slowly then.

I have forgotten his face,
but I still remember
his big kettle, his uniform,
and the flavor of the too-strong tea he gave me.


3.Jiro Kitamikado

We had started to look for a good place to build the Oyasumidokoro some years before 2003. At that time we lived in Kyoto, but couldn't find a suitable place near there.

In 2002 we visited a translator of Tolstoy in Kumamoto in the southern part of Japan. Mr.Jiro Kitamikado(1913〜2004) was nearly 90 or so and had already had dementia when we visited him. But he still was a noble person, radiating peace. He said,"I have had much to be ashamed of in my life. The only good thing was that I didn't kill anybody. Please go far beyond my work."

He grew up prior to the World War when the Japanese government was becoming totalitalian. He read one of Tolstoy's work at the age of 17 and began to doubt what he had been taught: "To fight and die for the Emperor and Country is the duty of all Japanese." He was attracted to Tolstoy's work and quit Tokyo University to go to Russia alone to learn Russian to read Tolstoy directly.

Ultimately he followed Tolstoy's teachings and refused to go to the army. That meant death at that time, but he was thought to be insane and survived.

After that he lived as a farmer following Tolstoy's teachings. Later he pointed out how many mistakes other translators of Tolstoy's works were making, and started to translate the works himself after the age of 50.

He was so impressive that we tried to build the Oyasumidokoro in his village. With the cooperation of his family, an old house (built more than 100 years ago) was found. Shoko and I moved there in 2003. That was how the Oyasumidokoro started.

(It was Mr.Jiro Kitamikado's son who made the first Oyasumidokoro website.)


4. The Oyasumidokoro Now

Shoko was a poet. Some people may say that the idea of Oyasumidokoro is very abstract and romantic. If an ordinary person were to speak of such an idea, it would sound a bit ridiculous. But she was different. She had the power of speech to move people. She had some kind of charisma and many people gathered around her and helped her. So her idea finally realized.

When we worked together, we could do many things. Welcoming guests to stay, writing journals and letters, holding art festivals and so on.

But a tragedy occurred. Shoko ended her own life four years after we created the Oyasumidokoro.

And there is another problem: the remote location of the Oyasumidokoro in Hiratani hamlet, Mizukami village, Kuma county, Kumamoto prefecture (Latitude: 32°23'11.42"N Longitude: 131° 2'30.26"E). As you can see using google maps, it is located deep in the mountains where it is very hard for those who are physically tired to come. Only those who were having stressful lives but in physically good health could come here. And also those who were interested in our activities and those who wanted to breathe in the fresh air and stimulate their minds came here, too. So the house is a little different from what we had imagined. Still those who really have mental problems can call me or write messages to me. It's not counselling in its true meaning, but I can apply what I have learned in the field of psychiatry to help them.

We've made no advertisement except for the blog, so only our friends or those who knew us through my friends visited here. If someday you have the chance to come to the southern part of Japan, please get in touch with me and visit here. You can enjoy the scenery of mountains, clear water, and tranquility.


12th,October,2010>
(Here I'd like to thank Gregory Vanderbilt for correcting my English.
The poem "Oyasumidokoro" was translated by him and me.)



 水上村の出身でいま西日本新聞の人吉支局長をされている郷達也さんが、10月に取材に来られてお休みどころのことを新聞記事にしてくださいました(2012年12月1日版)。達也さんの妻の利恵さんとは以前お会いしたことがありましたが、達也さんとお会いしたのは初めて。なのでお休みどころについても達也さんはほとんどゼロから取材されたはずです。それなのにわずか1日で集めた情報を元に、これだけ広い視点で書かれるのですから、「さすがプロは違うなぁ」と驚きです。
 内容が現実と比べてあまりにかっこ良すぎますが、「こんな願いを持ちながら人生を生きてきたのかなぁ…」と僕にも勉強になりました。おそらく読者の皆さんにとっても、曖昧でわかりにくい「お休みどころ」のイメージが、よりクッキリと浮かび上がることと思います。達也さんには感謝の思いでいっぱいです。この記事に描き込まれたお休みどころを目指して、細々とでも活動を続けていけたらと思います(興野)。


「心の重荷下ろして」_無料保養所運営の精神科医_興野(おき・の) 康也(やす・なり)さん (36)

水上村の役場から山奥に向かい車で20分。江代(えしろ)平谷地区に築100年を超える民家がある。辺りは杉林と田畑。22世帯約40人が住まうこの地では、渓流のせせらぎと鳥の鳴き声しか聞こえない。
 古民家は「お休みどころ」と言う。医師1人と、看護師や保健師資格を持つ女性2人が悩み相談に無料で応じる「心の保養所」だ。
 「あきんど 農夫 薬売り/重たい荷を背負ったひとびとに/ここで一休みして/のどをうるおし/さあ それから町にお入りなさい」
 屋号は、戦後の詩人茨木のり子さんのこの詩から取った。「ここは追い詰められ、行き場がないときにSOSを出せる場所。くつろいだり生き生きとできる場所。心の重荷を下ろしてもらい、楽しみや安心を提供できればそれでいい」
   ¶   ¶
 住まいは人吉市内にもあり、金曜から月曜は市内の精神科病院で勤務。残る3日を、主にここで看護師の妻美紗さん(33)らと過ごす。
 京都で過ごした学生時代、ハンセン病や原発問題などの講演・討論会を仲間たちと催す中で、気付いた。悩みを抱えてふさぎ込む人が多い―。
 「深い森の中で人を元気にさせる家を開きたい」。向かったのが、尊敬する翻訳家、北御門二郎氏(故人)が農業の傍らトルストイの翻訳を続けた水上村だった。縁もゆかりもない。それでも氏の家族に思いを語ると当時の村長までもが家探しを手伝ってくれ、平谷にたどり着いた。医大を卒業した2003年、お休みどころが生まれた。
    ¶   ¶
 うつ病で自殺を考えた人、身内がアルコール依存症の人、摂食障害の子を持つ親、離婚や伴侶を亡くし人生の岐路に立つ人…。さまざまな悩みを抱えた人がここで思いを打ち明ける。じっと耳を傾け心を解きほぐす。
 核家族化で家がバラバラになり、地域のつながりも薄れた。人は悩みをはき出せる場所を求めている、と思う。
 宣伝は一切ない。紹介や口コミだけで毎月10人以上がここを訪れる。過去、ハンセン病や水俣病患者による講演や、一人語り芝居などの「芸術祭」も開いた。常時開放された家は学問や音楽などを個々が自由に表現する場にもなっている。
    ¶   ¶
 高校2年のころ、日本初の国立ハンセン病療養所・長島愛生園(岡山県)に通い、患者が社会から「隔離」された現実を知った。「精神病患者も同じ。閉じ込められている。一緒に生きるために医療は絶対不可欠なもの」との思いから医師を目指した。投薬治療が多い精神科医療で対話療法に重きを置いている。
 山奥の医療過疎は、深刻な問題だ。「話だけで済むか、病院への受診が必要かなどを見極める。過疎地医療は、治療の優先順位を付ける『トリアージ』が大切」と語る。
 今、目指す方向性は「ボランティアからプロまでいる、悩み相談施設」。最近、かつての相談者が球磨郡内でお休みどころと同じ理念の保養所を開いた。こうした取り組みが人吉球磨に、社会全体に広がることを願う。
 「精神的なセーフティーネットがしっかりした社会こそ、自分たちが目指すもの。ほそぼそした活動で一つの実験だが、ゆっくり進めたい」  (人吉支局・郷達也)

横顔 1976年、京都市出身。東大理科1類に進学したが1年半で中退。京都府立医科大に入り直し医師免許を取得。2005年から7年間、鹿児島市の病院で働きながら「お休みどころ」と行き来した。今年6月から人吉市の吉田病院常勤医。12月に第1子が誕生予定。「女の子で名前は、やすみちゃん」。お休みどころ=0966(46)1113(留守のときは留守電をご利用ください)。