お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2019年1月日録1 | main | 2019年2月日録4 >>

発達症の人の就労支援 2019年1月13日(日)

   僕は発達症の子どもから成人・高齢者までの診療をしています。医療機関の役割としては、診断や治療が大切なのですが、発達症の人の治療は投薬だけではうまくいかないことが多いです。実際には社会生活上の相談に乗ること(家族関係・日常生活動作・教育・進路・就労・金銭管理・恋愛・育児など)、生活しやすいように環境を整える手助けをすること、必要に応じて外部機関(教育・福祉・保健・司法・入所施設・就労関係など)と連携すること、福祉サービスや障害年金など社会資源を導入すること、などが大切です。その意味では、発達症の診療はソーシャルワークに近いものがあり、社会的な支援体制について学ぶことが大切です。ですので以前から発達症の人への就労支援には関心を持ってきました。
   また僕自身がライフワークの1つとして取り組んでいることに、地域の職場のメンタルヘルス支援体制を向上させることがあります。事業所や役場などのこころの相談活動や産業医活動をしていますが、職場でのメンタルヘルス問題の背景に発達症が関与していることがよくあります。ですので働く人たちの精神面の安定という観点からも、発達症の人たちの就労問題に関心を持ってきたのです。
   昨年この就労支援の問題について学んだり考えたりするきっかけがいくつかありました。まず1つ目は、熊本県の子ども支援の中核病院である希望ヶ丘病院の見学に行ったことです。重症なケースについての豊富な治療経験があられ、施設面でも提供するサービスの面でもすばらしかったのですが、いちばん印象的だったのは病院長のお話でした。今後取り組みたいことは何ですかとお尋ねした時に、「就労支援です」とおっしゃったのです。診療している子どもたちが成長して社会人となると、やはり就労や生活の自立が問題になります。その支援を充実させていきたいとのお考えでした。
   2つ目は、ハローワークとの連携が進んだことです。人吉市にあるハローワークには大変熱心な職員さんがおられ、以前から病院に勉強に来られたり、協力して就労支援に当たったりしてきていました。その活動が実り、吉田病院とハローワークとで正式に協定を結び、連携して就労支援に当たれるようになったのです。これはとてもうれしいことです。そして就労支援がなかなか進みにくいケースというのは発達症が関与していることが多いですので、人吉球磨地域での発達症の人たちへの就労支援にとっては大きな前進なのです。
   3つ目は、梅永雄二さんの講演を聞いたことです。ジョブコーチとしてかなり重度の発達症の人たちの就労支援に当たってこられた方で、実践経験の厚みがありました。感銘を受けたので、著書である『発達障害の人の就労支援ハンドブック』(梅永雄二著、金剛出版、2010年)を読んでみました。この本にも発達症の人たちが安定して就労できるようになるまで支援に当たられた9人の支援者(ジョブコーチ)のケースレポートがあり、支援の実際の様子がよくわかります。ジョブコーチの仕事の流れのポイントは、)椰佑瞭整嬋堝整佞鬚茲知る、⊃場の特徴をよく知る、K椰佑反場との適切な組み合わせを考える、ず能蕕麓分が中心になって支援をする、イ世鵑世鷽場の人たちが支援をできるように持っていく、の5点です。ジョブコーチという仕事の奥の深さがわかりました。
   このように発達症の人たちの就労支援について学ぶ機会がいくつもあったのですが、さらにありがたいことに2019年2月に地域の事業所の方たちに向けて講演をできることになりました。医療や福祉、保健、教育などに関わる方への講演の機会は比較的ありますが、地域の事業所の方たちに直接お話しできる機会はなかなかありません。せっかくですので講演だけでなく、グループワークなども取り入れて、実践的な学びの場を作れればと思っています。
   発達症に限らず、精神科医療を深めていくと、地域づくりにつながることを実感しています。支援の連携を広げていくなかで、人々がより安心して生き生きと生きていけるような地域作りのお手伝いができればうれしいです。たとえ小さな地域であってもそこを良くしていくことは、もっと大きな世界にはたらきかけることにつながるのではと思います。ちょっと目標が大きすぎるかもしれませんが(笑)、気持ちだけでも大きな志を持って、日々の小さな活動を続けていきましょう。

 

写真1   『発達障害の人の就労支援ハンドブック』(梅永雄二著、金剛出版、2010年)。ジョブコーチの支援の様子が具体例を通して非常によくわかる。

『お休みどころ』通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyasumidokoro.rongakusha.com/trackback/1424990
この記事に対するトラックバック