お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018年9月日録4 | main | 2018年9月日録2 >>

2018年9月日録3

9/12(水)続き ホテルで映画『僕のワンダフル・ライフ』(原題A Dog's life、監督ラッセ・ハルストレム、2017年、アメリカ)を観た。犬の目線で犬の人生や飼い主との関わりが描かれている。犬は飼い主の気持ちを感じとり、飼い主が幸せになるように動こうとする。これは人間の幼児が無意識に親の気持ちを察知して、親の幸せに向けて動くのと似ている。普段僕たちは気づかないが、大人の人間にもこういう他者配慮の本性がある。優しさの源泉は、この他者の幸せを願う行動にあるのだと思う。
9/23(日) 美紗さんが医療事務の専門学校に行っていたころの同級生2人が、最近20年ぶりに連絡を取ってくださった。彼女たちと会いに、鹿児島県鹿屋市に出かけた。それぞれ家族全員で集まったので、子どもが7人になった。これだけの人数になると、特に遊び道具がなくても、走り回ったりして自然と盛り上がる。子どもたちは夜遅くまでずっと大騒ぎして遊んでいた。
  美紗さんも久しぶりに仲よしの仲間に会えて喜んでいた。僕がびっくりしたのは、精神科病院の看護師の方がおられたことだ。共通の知人までいたりして、つながりが多かった。働いている病院の規模や地域での立場なども似ていて、課題も共通点が多かった。全然知らなかった人でも、話してみると意外なつながりがあることが多い。
9/24(月) 雨が降ったので、公園で子どもたちを遊ばせるのを切り上げて、「鹿屋市民族館」(〒893-0131 鹿児島県鹿屋市上高隈町3779-1、TEL : 0994-45-2872 FAX : 0994-45-287)に出かけた。初めて行く場所だったが、世界各地の楽器や衣類、おもちゃ、アクセサリーなどが展示されている。すばらしいのは楽器を自由に演奏できたり、衣類を着れたり、さわりながら学べるところだ。子どもたちは大喜びだった。楽器が傷まないか、こちらはハラハラなのだが、学芸員の方はおおらかだ。1人夢中になって上手に演奏する子がいて、音楽の才能を感じさせた。ここに来て音楽に興味を持つ子もきっと多いのだろう。
9/25(火)「志布志湾 大黒イルカランド」(〒8880002宮崎県串間市高松1481-3、電話0120153988)に子どもたちを連れて行った。海の生き物にテーマが絞ってあり、エサやりなどの体験が豊富なことが特徴だ。海ガメ、ペンギン、イルカにエサをあげたり、カニやエイに触ったりして、子どもたちは楽しんでいた。子どもの喜ぶ施設は、遊びと学びがうまく組み合わさっている。
  鹿児島県のさつま町で認知症初期集中支援チームの活動について講演した。上球磨チームを支えている山浦さんや山冨さんと3人で出かけた。僕たちの活動について話すのが目的ではなく、さつま町の医師や保健師、社会福祉士などの皆さんに、より関心をもってもらい、チーム員会議に参加してもらうのが目的だった。残念ながら医師の参加は少なかったが、来られた医師や歯科医、社会福祉士の方たちから質問いただけてうれしかった。いい多職種支援を行うことは、いい地域を作ることにつながると思う。

 

写真8〜10は美紗さんの同級生に会いに行った際の写真です。


写真8 鹿児島県鹿屋市のカフェレストラン「カメダ珈琲 鹿屋店」。立派なキッズルームがあるので驚いた。

 

写真9 鹿児島県錦江町にある「神川大滝公園」。すごく大きな滝がある。

 

写真10 滝のそばで子どもたちは水遊びをした。

 

写真11〜12は鹿児島県鹿屋市の「鹿屋市民族館」で撮った写真です。


写真11 民族衣装を無料で試着できる。

 

写真12 世界各地の楽器を自由に触れるので、子どもたちは夢中だ。

 

写真13〜16は「志布志湾 大黒イルカランド」で撮った写真です。


写真13 海ガメはかなり大きい。エサやりができる。

 

写真14 ペンギンのエサやり。ペンギンの解説やクイズもあった。

 

写真15 イルカのエサやり。イルカは賢いとはいえ、事故が起きないように職員さんは真剣だった。

 

写真16 タッチングプールもあった。

 

『お休みどころ』通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyasumidokoro.rongakusha.com/trackback/1424965
この記事に対するトラックバック