お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2018年5月日録2 | main | Kくんとのやり取り2 2018年5月6日(日) >>

2018年5月日録1

5/1(火) 美紗さんが家でする用事があったので、娘のしずくを連れて「ほっとステーション九ちゃんクラブ」、〒8680004熊本県人吉市九日町16 1F、電話0966329566)に出かけた。3歳以下の子どもと親が集まれる場所で、遊びのスペースとおもちゃがあり、保育士などのスタッフがいてくださる。親にとってはありがたい施設だ。
  しずくはあまり人見知りせず、他の子どもにも関心を示すので、安心して見ていられる。スタッフの方たちと話していると、「子育てが大変なのは自分だけじゃないんだな」と思えてホッとする。子どもを遊ばせるために来るのだが、安らげるのは親の方だと感じた。
  お昼を食べにカフェレストラン「Farmer's Cafe Sakuri 咲莉(さくり)」(〒8680302熊本県球磨郡錦町一武4018、電話0966380390)に出かけた。何度も行ったことがあるが、何度来てもすてきな場所だ。レンガづくりの大きなピザ窯が美しいし、実際に焼いたピザも非常においしい。空間自体に落ち着いた明るさがあって、座っているだけで落ち着く。運営されているご夫婦の飾らない人柄もすばらしい。食事どころなのだが、瞑想的な場所でもあると思う。
  精神疾患の背景にトラウマの問題があると、病状が複雑化してつかみどころがなくなりやすい。しかもトラウマの問題があるということを患者さんもなかなか話せないし、治療者もなかなか気づきにくい。何年も経ってから、偶然のきっかけで「トラウマの問題があったんだ」とわかることがある。それはまるで推理小説のようで、あとから見るといたるところに「犯人はトラウマだ」というヒントがあったはずなのに、気づけていなかった。あるいは気づいているようでいて、目をそらしていたというようなこともある。つらすぎる体験を消化して自分の一部にするには年月がかかるし、回復の過程に終わりはないのかもしれない。でも何かのきっかけで回復の過程が動き始めると、あとはゆっくりとであっても進んでいくのだと思う。 
5/5(土) たまたま宮崎市に行くことがあり、たまたま「みやざきナイトマーケット」を通りがかった。専門店でない市民の方たちが食べもの・小物類・衣類・植物などさまざまな出店を出していた。ダンスなどのパフォーマンスもあった。行政と民間が連携しての「手づくりのお祭り」だ。現代は地域の交流というのがほとんどない。なのでこのようなイヴェントをとおして地域の凝集性を高めていくことが必要なのだと思う。
5/7(月) 娘のしずくは1歳になったばかりだ。つかまり立ちは以前からしていたが、数日前からひとりで立つ練習を急にするようになった。何度も何度も繰り返して、とうとう支えなしで数秒だが立てるようになった。まるでスイッチが入ったように、子どもは時期がくれば成長していく。シマウマの赤ちゃんが生まれてすぐに立とうとするように、人間にも成長への促しが内的にセットされているのだろう。僕たちは自分で考えて行動しているように思うが、実際のところ自由意思は案外少ないんではないかと思った。
5/8(火) 多良木町に家族で出かける機会があった。「どこか新しいお店がないかな?」と思ってインターネットを検索して、出てきたのが「カフェ ロージー」(〒8680501 熊本県球磨郡多良木町 多良木96-1、電話0966328478)だ。行ってみると倉庫風の建物で、なかに美的な空間が作られている。食事も良かったが、空間の雰囲気が好きでお客さんたちも集まっているようだった。人々は「芸術的なもの」に触れたいと感じている。カフェやレストランもいままで以上に空間作りが求められるのだろう。
  上球磨地域の認知症初期集中支援チームの懇親会に参加した。普段は専門職を中心に認知症の困難事例対応を議論しているチームだが、懇親会にはさらに行政や関連職の方も参加した。チームから離れていく人の送別会もあった。「連携して多角的に支援策を探る」という姿勢を持った方が行政のいろんな分野にいてくださると、生き生きした地域に確実に近づく。認知症初期集中支援チームは教育的な意義が大きいと思った。

 

写真1 「ほっとステーション九ちゃんクラブ」で遊ぶしずく。広い空間があるので子どもはのびのびできる。

 

写真2 カフェレストラン「Farmer's Cafe Sakuri 咲莉(さくり)」。レンガづくりのピザ窯で焼いたピザはモッチリしている。

 

写真3〜4は多良木町にある「カフェ ロージー」で撮った写真です。

写真3 大きな倉庫のような店内で、美的な日用品も販売されている。

 

写真4 ランチは野菜中心でおいしいが、店内の雰囲気もおいしい。

 

写真5 湯前町にある創作ケーキ屋さん「おかしのいえ」。ここで娘のしずくの誕生日ケーキを依頼した。

 

写真6 しずくが好きな子供番組のキャラクター「わんわん」のケーキで、1歳をお祝いできた。

『お休みどころ』通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyasumidokoro.rongakusha.com/trackback/1424938
この記事に対するトラックバック