お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フランスの医師と話す 2017年4月6日(金) | main | 2017年5月日録2 >>

2017年5月日録3

5/24(水) 子どもたちが中耳炎になり、「豊永耳鼻咽喉科医院」(〒8680037熊本県人吉市南泉田町120、電話0966222031)に通院している。大変に人気のある病院で、朝の6時45分くらいに順番取りに行っても、もう並んでいる人たちがいた(7時から順番を取れる)。お話を聞くと、隣の県から1時間以上かけて来られているそうだ。「遠くても、並んでも、いい病院の方がいいです」「良くない病院に行っても、結局良くならないです」とのことだった。その人があちこちの病院の歴史や医師の特徴に詳しいことに驚かされた。事前に調べたうえで、こんなに大変な思いをして患者さんたちが受診されるのだから、患者さんを大事にしない病院が発展しないのは当たり前だと思えた。
   困難事例のケース会議に参加した。いつも感じることだが、困難事例は「病状が重いケース」ではないことが多い。そうではなくて、「病状はそれほどでもないが、背景が複雑なケース」や「問題が多分野にまたがるケース」であることがほとんどだ。なのでケース会議でうまく役割分担ができれば、自然に解決していくことが多い。困難事例に携わっていると、「連携」や「住み分け」というのはとても難しいと感じる。境目で判断に迷うケースで、地域のネットワークの豊かさが試されるのだと思う。
5/27(土) 発達症の親の会「スマイル君」に誘っていただいて、参加することができた。親の会は全般的に参加者が減ってきていると聞いていたので、スマイル君も数人かと思った。ところが行ってみると、参加者が十人以上あって非常に活気がある。また子どもを連れて参加でき、子どもたちは子どもたちではしゃいで遊んでいる。親たちは親たちで、日頃の苦労について話したり、情報交換ができる。すばらしい会で、今後ますます発展するのは間違いないと思った。
5/29(月) 保育園の保護者たちのビーチバレー大会があるそうで、僕も出場することにした。この日は1回目の練習だった。遊びのムードを予想して行ったが、かなり真剣な練習だった。皆さんすごくうまいのだが、例年は他の保育園に負けているそうだ。みんな勝負事になると負けたくなくなるのだろう。
   僕は何年ぶりかで運動したが、楽しくて夢中になってしまった。体が思いのほか動いたのでうれしかった。精神科の仕事は話したり書いたりばかりなので、たまには体を動かさないと、バランスが取れないのではと思う。でもやはり翌日からは筋肉痛になってしまった。
5/30(火) 僕は4月から「球磨支援学校」の学校医になった。それで発達健診を担当することになった。学校に出かけて子どもたちや先生たちと話しながら問題点がないかをチェックする役割だ。
   子どもたちはさまざまな課題を持っているが、みんなが楽しそうに過ごせていてすばらしいと思った。先生方が丁寧に関わってくださっているのがよくわかった。球磨地方の発達症支援の拠点となる学校だ。 他の学校のバックアップもしてくださっている。いっしょにお仕事できる機会があってうれしく思った。

 

写真11〜14は人吉市にある「人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868 」に行ったときの写真です。開設2周年のイベントがありました。


写真11 鉄道のおもちゃを手で押して走らせることができる。

 

写真12 2周年のイベントのひとつとして、木の玉をスコップでどれだけ運べるか、という競争があった。やすみも響も参加賞だった。

 

写真13 2階には図書スペースもある。

 

写真14 人吉市のマスコットキャラクターである「ヒットくん」に響は握手をしてもらえた。

 

写真15〜19は八代市にある公園「くま川ワイワイパーク」に行った際の写真です。


写真15 日射しが強かったので、木陰で一休みした。

 

写真16 大人向けの体操コーナーだが、子どもも遊べる。

 

写真17 遊具がたくさんある。

 

 

写真18 わざと靴を脱いで遊んでいる。

 

写真19 しずくはベビーバギーで寝ていた。子どもたちの遊び声が聞こえると安心するようだ。

 

写真20 八代市坂本町にある「坂本温泉センター  クレオン」のレストランにて。温泉も食事もすばらしいが、休憩スペースがとても充実している。「ゆったり休んでください」というスタッフの方たちの気持ちが伝わってくる。地域の人たちの集いの場になっている。

 

写真21 しずくを抱くやすみと響。1ヶ月近くなると、だいぶズッシリと重くなった。

『お休みどころ』通信 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oyasumidokoro.rongakusha.com/trackback/1424860
この記事に対するトラックバック