お休みどころ

こころの相談活動を作り続ける
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

あなたに会いに行った日


          Mさんに


その日は雪が降っていた
電車もバスもダイヤが乱れ
ふだんは1時間の移動に
2時間かかった


あなたの仕事場は町の外れにあって
寮も併設されていた
いままで1度しか会ったことのない 
あなたに今日は会いに行く


電話では日常的に
やり取りして知っている人
でも実際に会ってこの友情が
崩れないかと不安もあった


冷たい駅の改札を出て
パン屋のそばに立っていると
あなたからの携帯が鳴り
次にあなたが現れた


勝手に作っていたイメージより
ややふっくらしていてほっとしたが
両の目の下の疲れから
あなたが送ってきた日々が類推された


この半年あなたは苦しんできた
気力と思考力と行動力が
冷えきって後ろ向きになり
自分がこの世にいなければいいと考える


電話口で僕は幾度もあなたに 
論理的には反駁できないと感じた
それでもなぜか2人で話すと
どこか明るい気持ちになった


この冬一番の大雪の日に
あなたにはるばる会いに来た 
遠い国に行こうとしている 
あなたと最後に会いに 


まるで僧院のようなコンクリ作りの
無機質な仕事場の一角
この小さな空間で仕事に没頭し
あなたは疲れきってしまったのだろう 


寮の部屋には大きな窓があって
光がたくさん射し込むのは意外だった
簡素な暮らしとたくさんの本
それから少しの食品とゴミ袋


仕事一筋のあなたの存在を
象徴するような内装 
よれよれで乾かない洗濯物を 
あなたは室内のハンガーに干す 


行き詰まり進まない仕事のことを 
あなたは幾万回考えてきただろう 
やっぱり会話はそこに戻り 
いかに自分が間違ったかをあなたは語る  


何度聞いても同じ結論 
自分の仕事には価値も意義もない 
だけどどうしてもそうは思えない 
僕にはそうは思えないのだ 


どれほどあなたが自分を否定しても 
無能さや人間関係のまずさを語っても 
僕にはそうは思えない 
利害損得を超越した友だから 


あなたとの友情には理由がない 
目標もなく 努力もない
ただふしぎと形成されたつながり 
その関係の強さが僕らを引き付ける 


どこでどうして友になったのだろう 
互いについてよくは知らないのに 
まるで生まれるずっと以前から
知り合っていたような親しさ 


話題はあちこち移り 
会話は淡々と流れていく 
それでも互いの心はある一定の 
変わらない位置にいる 


きっともともと互いの心の一部が 
何かでつながっているのだろう 
それを生きて出会って行動して 
実際に確認できる幸せ 


あなたはおそろしく暗く 
自己否定的な論理を説くけれど 
それでも会話は進んでいき 
やがてある安心感が醸し出される  


その力がどこから出てくるのか 
僕にもよくはわからない 
あなたにもわからないと思う 
けれどたしかに実在する 

ボタボタと雪の降り積もるなか 
あなたと町を歩いた 
手袋をしても冷えきる手先 
衣類は雪でまっ白だ 


それでも僕らにはよかった 
ただいっしょにいることが目的だから 
風でも雪でも寒さでも 
心のなかまでは凍らすことはできない 


ギャラリー風なレストランで 
あなたの個人史を聞いても 
やっぱりあなたは間違っていない 
可能性も意義も価値もある人間 


たとえあなたが失職して 
たとえあなたが破産して 
精神的に溺れそうになっても 
それでも僕らは友だちでいるだろう 


別れる駅で手を振りながら 
今日一日ずっと同じ雰囲気だったと気づいた 
原因のない愛情 
それが2人を動かしている
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

伝授


人には
自分の人格を
誰かに注ぎこみたい
欲求がある

汲めども汲めども尽きない話
伝授するように話し終わって
笑顔で
あの人は帰って行った

     2008年8月26日(火) お休みどころ
興野康也の詩 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | - | -

お墓


美術館への坂道に
お墓がずっと並んでた
お盆を過ぎて人気はないが
数人お墓の掃除をしてた

墓石を拭き お花を替える
その後ろ姿 見ていると
まるで赤ちゃんの世話をしている
お母さんの後ろ姿

大事に拭かれる墓石が
生きてるように思えてきた
あたり見回すとどの墓石も
生きてしゃべって笑ってた

     2008年8月20日(水) 鹿児島
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

休憩室


美術館の一室に
明るい光が射し込んだ
歩き疲れた足を休め
ソファーの上に腰かければ
庭のシュロの木と芝生の草が
光の中にさざめいた

     2008年8月20日(水) 長島美術館
興野康也の詩 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | - | -

飛ぶ


丘の斜面を吹き上がる
風が体を持ち上げる
ふわっと浮いた その瞬間
気づけば僕は鳥になり
町を見下ろし飛んでいた

     2008年8月20日(水) 鹿児島市
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

また新しく


また新しく飛べるかもしれない
雨雲の向こうの空は
そう告げていた

     2008年8月12日(火) お休みどころ
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

難しいこと


言葉は新奇なものを追う
どこにでもある平凡なことを
誰にでもわかるやさしい言葉で
書き表すのが難しい

     2008年8月7日(木) 鹿児島行きバス
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

あのおばあさんは亡くなったけど
家はそのまま建っている
誰も住まず 手入れもされず
家はそのまま建っている
カヤのかわりにトタンを張った
ノッポの屋根が見えている
主のいない 家はいまでも
ひっそり寂しく建っている

     2008年8月7日(木) 古屋敷
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

噂が噂を呼び
どこまで本当なのか
どこまで作り話か
入り乱れ

当の本人が
聞いてびっくり
どっからこの話
わいて出たのか

     2008年7月31日(木) 鹿児島
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

見えない風が揺すってる

田んぼの稲の葉 風に揺れ
サワサワ サワサワ 風に揺れ
小さなうねりが重なりあって
大きなうねりになって揺れ
緑の田んぼは生きてる動き
見えない風が揺すってる

     2008年7月29日(火) くま川鉄道
興野康也の詩 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -